<重要なお知らせ>障害報告とウィルススキャンのお願い 2010年7月21日

平素より弊社メディアサイトをご利用いただき、誠にありがとうございます。

2010年7月19日(月)深夜に、弊社広告配信システムが外部からの攻撃を受け、約1時間にわたり不正なコードを埋め込まれたバナーが弊社サイトに表示されました。

この間、不正なコードを埋め込まれたバナーが特定の条件でWebブラウザに表示されると、ウィルス(トロイの木馬)に感染する可能性がありました。

下記に該当するお客様は、できるだけ早くウィルススキャンをしていただきますようお願いいたします。

今回の障害は、社内でのシステムチェックにより発見され、改竄から約1時間後に広告表示の停止による緊急対応を行いました。またすでにサービスは復旧いたしておりますが、以下のとおり状況をご報告致します。

ウィルスに感染した可能性のあるお客様 (2010年7月27日更新)

2010年7月19日(月)23時22分 〜 7月20日(火)0時25分 (約1時間)の間に、下記弊社ウェブサイトに、ウィルス対策ソフトをインストールしていないPCのInternet Explorerでアクセスされ、かつ、下記いずれかの脆弱性のあるバージョンのソフトウェアがインストールされている環境のお客様。

  • Adobe Reader 8.1.1 以前(2008年5月6日更新)
  • DAC (Microsoft Data Access Components) 2.8以前(2006年4月12日更新)
  • JRE 1.4.2_xx, 1.5.0(2000年9月4日)更新

対象の弊社ウェブサイト

ウィルスを確認駆除する方法

お手持ちのウィルス駆除ソフトを最新の状態にして、ウィルススキャンをしてください。ウィルス駆除ソフトをインストールされていないお客様は、下記URLよりオンラインスキャンを実行してください。

なお、攻撃を受けた広告配信システムに個人情報は含まれておらず、情報漏洩の可能性はありません。

ご利用の皆様にご心配ご迷惑をお掛け致しましたことを、心よりお詫び申し上げますとともに、今後同様の障害が発生しないようシステム管理を徹底し、改善に努めてまいりますので、今後とも弊社各メディアをよろしくお願い致します。