「真のタブレット活用」で仕事も働き方も変えられる!

iPad miniの人気に加え、Windows搭載機の登場でタブレット端末を仕事現場で活用する動きが一段と広がっています。IDC Japanによると、3年後の2017年にはタブレット出荷台数のうち法人利用が約20%を占め、5台に1台が法人利用になると言われ、企業導入の増加は止まることがありません。

しかし、いざタブレットを導入してはみたものの、メールやスケジュール確認、Webサイトの閲覧といった活用にとどまっている企業が多いのも実情です。タブレットの活用により得られる真のメリットは「いつでも、どこでも仕事ができる」「業務スピードや生産性の向上」「業務オペレーションの効率化によるコスト削減」といった点にあります。企業が真の導入メリットを得るには、単に端末を導入しただけでは効果は薄く、社内システムと連携したり、新たな業務支援サービスを導入したり、新たな業務プロセスを構築することが求められています。

そこで東京IT新聞では、タブレットを導入したものの、どのように活用すべきかを模索している企業の経営者層やIT担当者に対し、最大の導入効果を得るための道筋を示すセミナーを開催します。

この機会にぜひご参加ください。

【基調講演】スマートデバイスが変える人類のライフスタイル
夏野 剛氏

慶應義塾大学大学院
政策・メディア研究科
特別招聘教授

夏野 剛


講演概要

今やスマートデバイス・タブレットは人間とインターネットのゲートウェイ。これらを使いこなすことが、ビジネス上でどのような武器になり得るか、未来の生活をどのように変えていくかを、自身のタブレット活用方法も交えながら解説いたします。

講師プロフィール

1988年早稲田大学政治経済学部卒、東京ガス入社。95年ペンシルバニア大学経営大学院(ウォートンスクール)卒。ベンチャー企業副社長を経て、97年NTTドコモへ。99年に「iモード」、その後「iアプリ」「デコメ」「キッズケータイ」「おサイフケータイ」などの多くのサービスを立ち上げた。2005年執行役員、08年にドコモ退社。

現在は慶應大学の特別招聘教授のほか、ドワンゴ、セガサミーホールディングス、ぴあ、トランスコスモス、グリー、DLEなどの取締役を兼任。フジテレビ「とくダネ!」などのテレビ番組や新聞、雑誌、インターネットにおけるメディア登場数も多い。

本セミナーは、抽選制となっております。
セミナー開催の【2日前】までに抽選結果をご連絡いたします。

開催概要

テーマ 東京IT新聞主催セミナー
「真のタブレット活用」で仕事も働き方も変えられる!
日時 2014年7月29日(火)
11:00~15:45(受付10:30~)
会場 秋葉原UDX ギャラリーネクスト NEXT2
「秋葉原駅」電気街口より 徒歩2分(山手線、総武線、京浜東北線)
「秋葉原駅」A3番出口より 徒歩3分(つくばエクスプレス)
「秋葉原駅」2番出口より 徒歩4分(日比谷線)
「末広町駅」1番または3番出口より 徒歩3分(銀座線)
http://www.udx-n.jp/access.html
受講料 無料(事前登録・抽選制)
参加対象 中小企業の経営者層・IT担当者および中堅・大企業のIT・システム担当者、 最前線でのタブレット活用が想定される営業部署などの管理者層
定員 100名
主催 株式会社インプレス「東京IT新聞」
受講お申し込みはこちら

▲ページの先頭へ戻る

主催

後援

協賛

50音順

会場アクセス

大きな地図で見る

〒101-0021 東京都千代田区外神田4-14-1
秋葉原UDX ギャラリーネクスト NEXT2

  • 「秋葉原駅」電気街口より 徒歩2分
  • 「秋葉原駅」A3番出口より 徒歩3分
  • 「秋葉原駅」2番出口より 徒歩4分
  • 「末広町駅」1番または3番出口より 徒歩3分