『今までの仕事の在り方を変えるワークスタイル変革セミナー』の事前登録を終了いたしました。
多数のご登録誠にありがとうございました。

▼ 開催概要 ▼ タイムテーブル

働き方が変われば、ビジネスはもっと成長する――。

今、「ワークスタイル変革」という言葉が注目を集めています。クラウドサービスやスマートフォンに代表される新しいデバイスの普及に加え、ソーシャルメディアの活用により、「いつでも、どこでも」仕事ができるインフラを使うことで、従来の働き方を変えようという動きを表しているキーワードです。

企業では厳しい競争に勝ち抜くために、従来の働き方を変えることで、コストの削減や生産性の向上、営業力の強化につなげることが求められています。また、多彩かつ優秀な人材を確保するうえでも、ワークスタイル変革は重要な経営課題となっています。

一方で、情報や知識が不足しているために、ワークスタイルを変革する第一歩を踏み出せていない企業が多いのも現状です。

そこで今回、企業の経営層やIT部門、営業部門、人事総務部門の管理者層(部課長・マネジャー)の方々を対象に、ワークスタイル変革をテーマとしたセミナーを企画いたしました。

さまざまな経営課題を解決するうえで、働き方を変えることがどう寄与するのか、企業に何をもたらすのかについて、長年にわたりワークスタイル変革を実践してきた有識者が、その考え方と取り組み事例を語ります。

また、それらを助けるITツールやサービスに焦点を当てることで、明日からでも取り組みを加速させることができる実践的な情報をお伝えいたします。

本セミナーにより、多くのみなさまが仕事や働き方革新への第一歩を踏み出せることを期待しております。

▲ページの先頭へ戻る

タイムテーブル

基調講演
13:40

14:30

古き慣習を打ち破るライフネット生命の『新しい働き方』とは

講演概要

定年制度を設けない、30歳未満であれば新卒入社ができるなど、ユニークな人事制度を持つライフネット生命。出口治明氏と岩瀬大輔氏という親子ほどに年の離れた2人の創業経営者がタッグを組むことで、短期間で上場企業にまで育てあげました。“生命保険商品をインターネットで売る”という前代未聞のビジネスを確立した同社が考えるイノベーションや、新しいワークスタイルのあり方について語ります。

講師

出口 治明氏

ライフネット生命保険株式会社
代表取締役会長兼CEO
出口 治明

プロフィール

1948年三重県生まれ。京都大学を卒業後、1972年に日本生命保険相互会社に入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当するとともに、生命保険協会の初代財務企画専門委員長として、金融制度改革・保険業法の改正に従事する。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て、同社を退職。
2006年に生命保険準備会社を設立し、代表取締役社長に就任。
2008年の生命保険業免許取得に伴い、ライフネット生命保険株式会社を開業。
2013年6月より現職。

セッション1
14:35

15:15

いつでも、どこでも、誰とでも、安全に。新しい働き方を支える、情報共有基盤Boxとは(仮)

講演概要

ビジネス環境が変化するスピードがますます速くなっている現代において、「Anytime, Anywhere, Any device」を実現するワークスタイルへの変革は、いまや企業にとって無視できないテーマとなっています。本講演では、営業効率や生産性の向上、グローバル企業における情報共有等の課題に沿って、モバイルやクラウドサービスを活用したワークスタイル変革の方法をご紹介します。

講師

細野 茂樹氏

三井情報株式会社
IT基盤サービス事業本部
クラウドサービス部 第三営業室 室長
細野 茂樹

セッション2
15:25

16:05

モバイルワーク、現場からの熱い要望にどう応えるか!?

講演概要

スマートデバイスを中心としたモバイルワークが普及する中、ユーザーのニーズはより多角的になりつつあります。ソリトンのマルチデバイス対応モバイルワークソリューションはセキュアブラウザに加えて、リモートコントロールにも対応することで、スマートデバイスの活用のみならず、BCPや在宅勤務にも最適なソリューションに進化します。このソリューションの優位性、将来展望を含めてご紹介します。

講師

別車 健一郎氏

株式会社ソリトンシステムズ
IT Security Products & Service事業統括本部
モバイルマーケティング マネージャ
別車 健一郎

セッション3
16:10

16:50

コストを削減し企業の成長を加速させる「経理業務IT化」とは

講演概要

経理・財務・人事・総務などバックオフィス業務の効率化は、企業がワークスタイル変革を起こすための必須課題の一つです。本セミナーでは、近年急速に普及が進む「経理業務のIT化」に焦点を当て、なぜコストを削減し、企業の成長を加速させることが出来るのか、その具体的な方策・効果について事例を交えながらわかりやすくお伝えします。

講師

大塚 智史氏

株式会社ラクス
クラウド事業本部
経理改善システムコンサルタント
大塚 智史

特別講演
16:55

17:35

柔軟な働き方「テレワーク」が、日本の企業を救う

講演概要

オフィス以外の場所で働く「テレワーク」を取り入れる企業が増えています。災害や緊急時の事業継続(BCP)に効果を発揮するだけでなく、子育てや介護と仕事の両立が可能になることから、政府も導入を後押しするほどです。ただ、離れた場所で業務を行うだけに、その管理に頭を悩ませる経営・管理者層が多いことも事実。本講演では、テレワークの仕組みと現状を解説するとともに、管理面の課題をITで解決する「バーチャルオフィス」の仕組みもご紹介します。

講師

田澤 由利氏

株式会社テレワークマネジメント
株式会社ワイズスタッフ
代表取締役
田澤 由利

プロフィール

奈良県生まれ、上智大学外国語学部卒業後、シャープにてパソコンの技術・企画・販売促進などの業務に従事。結婚・出産により退職後、フリーライターとして独立。1998年には在宅でも働ける会社を目指し、北海道北見市にて株式会社ワイズスタッフ設立。柔軟な働き方を社会に広めるため、2008年には株式会社テレワークマネジメントも設立。
現在は北海道、奈良、東京の3カ所にオフィスを置き、企業での在宅勤務の導入支援などを展開する一方で、総務省地域情報化アドバイザーや北海道教育委員会委員を歴任するなど、国や自治体での普及活動も幅広く行っている。
近著に『在宅勤務が会社を救う~社員が元気に働く企業の新戦略』(東洋経済新報社)。

▲ページの先頭へ戻る

主催

協賛

※50音順

▲ページの先頭へ戻る